顔 すべすべ 洗顔

顔をすべすべのたまご肌にする洗顔方法って?

顔 すべすべ 洗顔

顔をすべすべのたまご肌にしたい!

 

…すべすべの顔、憧れますよね。

 

でも、現実的には、女優やモデルみたいなすべすべのたまご肌に憧れて色々とスキンケアを行っても、なかなか思うような効果を得られないという方も多いはず。

 

しかし!

 

実は超簡単に、憧れのすべすべ素肌になる方法があるんです!

 

その方法とは、毎日行っている洗顔の仕方を見直すことです。

 

洗顔は、スキンケアの最も基本的かつ、最も重要なことです。

 

洗顔でしっかりと汚れや古い角質を落として毛穴のブツブツを消し、ニキビを発生させない下地づくりをしましょう。

実践!顔をすべすべにする洗顔方法

顔 すべすべ 洗顔

洗顔はぬるま湯で!

洗顔に使う水は、冷水や熱湯はNGです。できるだけ、ぬるま湯にしましょう。

 

顔の皮膚は薄く、非常にデリケートなので、肌の温度(35〜36度)との差が開くほどに、肌に与える刺激は大きくなってしまいます。

 

肌へのダメージが蓄積すると、肌荒れやくすみ、シワの原因になりますので、きちんとぬるま湯を使って洗顔を行いましょう。

 

手でこすらない!

もはや常識ですが、やはり洗顔のときにゴシゴシと手でこするのは避けましょう。

 

しっかりと、固めの泡が立つ洗顔料を使用し、泡立てネットでキメの細かい泡を立てましょう。

 

そして、その泡で顔をなでるイメージです。

 

このとき、汚れの吸着効果が弱い洗顔料、洗浄力が強すぎて肌に刺激を与えてしまう洗顔料を使うと逆効果になるので、使用する洗顔料にも気をつけましょう。

 

すすぎは多め&広範囲に!

すすぎは、洗顔料のヌルヌルが無くなったらOK!・・・ではなく、多すぎるくらいに行いましょう。

 

少なくとも、20回前後は行いたいですね。

 

また、洗顔料が付いたであろう範囲よりも広めにすすいで、確実に残留成分を残さないようにしましょう。

 

ちなみに、すすぎの時も、なるべく手が顔に触れないよう、水の勢いでバシャッ!と洗顔料を流すイメージで行うのがベストです。

 

そしてこのとき、顔の毛穴は少し下向きに開いているので、下から上にかけるとより効果的です。

 

しかし、この方法だとかなり水が飛び散るので、できればお風呂で行うのがオススメです。

 

正しい洗顔の後は、正しいスキンケアを!

もちろん、正しい洗顔をしても、その後の化粧水の使い方や保湿の仕方が悪いと、すべすべの顔にはなれません。

 

特に、使用するケア用品は非常に重要ですから、しっかりとすべすべ肌を作れるものを選びましょう。

 

もし、どんなケア用品を使うべきなの?と思われたなら、下におすすめのケア用品をご紹介しておきますので、よろしかったら参考にしてみてくださいね。

顔をすべすべにする!ケア用品ランキング

ヴァーナル|素肌つるつるセット

顔 すべすべ 洗顔

素肌つるつるセットの特徴とポイント

おすすめ第1位は、ヴァーナルの素肌つるつるセットです。
その商品名の通り、顔をツルツルのすべすべにするために必要な洗顔料から保湿クリームまで、すべてがセットになっています。
これにより、肌本来の美しさを引き出す、

  1. もっちり泡の石鹸でしっかりクレンジング
  2. ぷるぷる泡の石鹸で仕上げ洗い
  3. 微粒子スプレーで潤いをチャージ
  4. 美容液クリームでお肌を保護

の4つのステップを、このセットだけで正しく行えるのが特徴です。

 

麦飯石による汚れの吸着効果、16種類もの保湿成分を配合した石鹸、微粒子ミストによる肌の奥までの浸透力、お肌の常在菌のバランス改善など、ヴァーナル独自の技術がギッシリと詰まったおすすめのセットです。

 

顔 すべすべ 洗顔

 

ラ・ミューテ|美肌セット

顔 すべすべ 洗顔

美肌セットの特徴とポイント

ラ・ミューテの美肌セットは、女性ホルモンのバランスを整えながら、汚れ落としや保湿と言ったスキンケアの基本がしっかり行えるのが特徴です。

  • 大人ニキビ
  • 肌荒れ
  • 乾燥

が気になる人には、特にピッタリのセットです。

 

ラ・ミューテは、最高級のダマスクスローズ基礎化粧品です。
ただ単に、外側からのスキンケアを行うだけではなく、生理前やストレスなどで発生しやすいニキビや吹き出物も、ダマスクスローズがホルモンバランスを整え、内側からケアします。

 

顔 すべすべ 洗顔

 

どろあわわ|どろあわわシリーズ4点セット

顔 すべすべ 洗顔

どろあわわシリーズ4点セットの特徴とポイント

あの「どろあわわ」から、これだけで基礎ケアのすべてが行えるセットが登場しました。

  1. 弾力のあるジェルでこすらず汚れ落とし
  2. 2種類の弾力泡洗顔で透明素肌に
  3. 和漢植物がうるおいとハリを与える
  4. 薬用とろり液が保湿と美白をケア

大ヒット商品のどろあわわ。
売れた=多くの方が良さを実感しているという事なので、信頼性の高さが嬉しいですね。

 

汚れ落とし〜保湿まで、全てのケアをしっかりと行えるうえに、980円から始められる手軽さも大きなポイントです。

 

顔 すべすべ 洗顔

顔をすべすべにする洗顔と保湿の関係

顔 すべすべ 洗顔

洗顔は、顔をすべすべにするうえで最も重要なスキンケアです。

 

しかし、せっかく洗顔でメイクや古い角質、余分な皮脂汚れを落とし、毛穴詰まりを解消できたとしても、保湿もしっかりと行えていなければ無意味となってしまいます。

 

洗顔や保湿は基礎化粧品で行うスキンケアですが、やはり「基礎」と名前が付くだけあって、最も基本の部分であり、最も重要なことなんですね。

 

さて、ここからは、そんなすべすべ素肌に重要な保湿の基本についてご説明します。

 

洗顔のしすぎは逆効果!

いくら顔をすべすべにするのに洗顔が大切だとは言っても、あまりにも頻繁に洗顔をしすぎるのはNGです!

 

そもそも、皮脂が分泌されるのは、私達のお肌を乾燥や刺激などのダメージから守り、健康な皮膚を維持するためです。

 

それなのに、必要以上に肌の油分を落としてしまうと、肌は皮膚を乾燥から守ろうとする防衛反応により、過剰な皮脂の分泌を促す恐れがあります。

 

乾燥肌なのに皮脂が多い・・・という、混合肌の方の場合は、まさにこれが原因と言えるでしょう。

 

肌の乾燥状態が続くと、シミやシワ、色素沈着が起こりやすくなり、更に過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まると、毛穴詰まりによってニキビができやすくなったり、ブツブツやザラザラ、毛穴の開きの原因にもなってしまいます。

 

通常、洗顔は1日2回、朝と夜のみ行い、洗顔料を使うのはそのうち1回のみにしましょう。

 

外的な汚れやクレンジングで化粧を落とすことを考えると、洗顔料を使用する洗顔は夜のみがベストです。

 

顔だけでは無く、体のニキビに悩まされている方の場合も同様です。
洗いすぎは皮脂の過剰分泌に繋がり、毛穴詰まりの原因になるので気を付けましょう。

 

浸透力と保湿キープ能力の高い保湿剤を使う

当然ですが、洗顔の後は乳液やローション、保湿クリームなどで保湿ケアを行いますよね。

 

このとき、保湿力が低いケア用品を使ってしまうと水分の保持ができず、皮膚が乾燥してすべすべお肌にはなれなくなってしまいます。

 

・・・しかし、かと言ってベタベタし過ぎるものを使えば、顔のテカりの原因にもなるし、使用感も最悪です。

 

また、1日のうちに何度も保湿クリームを塗るのも、毛穴詰まりにつながるため、あまりオススメはできません。

 

ここで大事になるのが、浸透力潤いのキープ能力です。

 

保湿ケアには、しっかりと皮膚の奥まで浸透して潤してくれる効果と、その潤いを長時間キープしてくれる能力が必要なんですね。

 

私たちの肌細胞は、乾燥によって水分を失うと、正常なターンオーバーができなくなってしまいます。

 

そうすると、古い角質や毛穴詰まり、ニキビやニキビ跡などがいつまでの代謝されず肌に残った状態となり、顔がすべすべにならなくなってしまいます。

 

上では、これらの条件を満たす基礎化粧品のセットをご紹介していますので、気になる方は参考にしてみてくださいね。

顔をすべすべにする食べ物とは?

顔 すべすべ 洗顔

顔をすべすべにするには、食事も重要な要素の一つとなります。

 

例えば、毎日チョコレートを大量に食べたら…マヨネーズを大量に消費する食事をしていたら…昼夜問わず不規則な食生活をしていたら…。

 

当然、ニキビや肌荒れが発生するのは想像に難くありませんよね。

 

このように、食べ物と食事方法は、肌へ与える影響も非常に大きくなります。

 

肌トラブルとは無縁の、すべすべ素肌になるのに最も重要なのは洗顔や保湿などの直接的なケアですが、体の中から肌を綺麗にする意識も重要なんですね。

 

そこでここでは、体内の環境を整え、顔をすべすべにする食べ物をご紹介します。

 

顔がすべすべ=腸内環境が良い!

最近流行の、腸内環境正常化。

 

腸内環境を正常にすることは、美容にも健康にも重要なことです。

 

栄養や美容に効果的な成分を大量に摂取しても、これらの成分を吸収する役割を持つ「腸」自体が綺麗で活発な状態でなければ、垂れ流しのスルー状態となるので全く無意味です。

  • お通じが2日以上無いことがある
  • 軟便または硬便である
  • お通じの間隔や時間が不規則
  • 便やおならが臭い

こちらに1つでも当てはまるなら、まずは腸内環境を整えることを意識した食事を心がけましょう。

 

腸内環境を良くする食べ物

腸内環境を良くする食べ物の代表と言えば、食物繊維が豊富なものと発酵食品です。

 

【食物繊維が豊富な食べ物】
きくらげ、干しひじき、切り干し大根、おから、アーモンド、甘栗、ごぼう、枝豆、アボカド、ライ麦パン

 

【腸内を整える発酵食品】
納豆、味噌、醤油、ヨーグルト、チーズ、漬物、ワイン、甘酒

 

このように、野菜には食物繊維が豊富で、日本古来の発酵食品は腸内環境を整える効果があります。

 

そのため、顔をすべすべにする食べ物は、日本人が昔から摂取していた日常的な食材である納豆や漬物、野菜の入った味噌汁などがオススメです。